脂性肌におすすめの【クレンジングオイル】
REクリア
REクリア
確かな洗浄力と抗配合の美容成分で美肌に導く。W洗顔不要で手軽にクレンジングが可。
公式サイトはこちら
トリートメント クレンジング オイル
トリートメント クレンジング オイル
82%が美容液成分クレンジングオイル。マスカラなど落ちにくいメイクにもアプローチ。
公式サイトはこちら
ミスパリ
ブランクロマ ライト&ポリッシュ
洗浄力の高いクレイでしぶとい皮脂や汚れも除去し明るい澄んだ肌に導きます。
公式サイトはこちら

クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングオイルは肌に悪い・・・という情報に踊らされていませんか?そんなことはありません。きちんとした使い方を把握していれば肌への負担を最小限に化粧を効率よく落とすことができます。ここでは正しいクレンジング方法をご紹介いたします。

クレンジングオイルの正しい使い方~順番と乳化のタイミング~

クレンジングオイルの正しい使い方~順番と乳化のタイミング~
  • クレンジングオイルを手早く化粧に馴染ませてメイク浮かせる
  • 手に取ったクレンジングにほんの少しの水をまぜる
  • 2が乳白色になったら顔にうつし、さらにメイクと馴染ませながら全体を乳化させる
  • やさしくぬるま湯ですすぐ

オイルタイプのクレンジングは乳化させるタイミングがコツです。最初から乳化させるわけではなく、クレンジングオイルを化粧に馴染ませた上で、乳化させたクレンジングオイルを顔に移すことが大事です。
また、よくある「濡れた手でも使えるクレンジングオイル」は風呂に入りながらもできて使い勝手もよく便利ではありますが、若干乳化しにくいというデメリットもあります。使い方にあわせて最適なものを選んでくださいね

乳化とは?

乳化とは?

クレンジングオイルを正しく使うためには、乳化という作業が必要なことは前述しましたが、どうして乳化が必要なのでしょうか?
乳化というのは、本来は混ざることのない油(オイル)と水が、混ざりあうことで、ミルクのように白く粘り気のある液体へ変わることを言います。

クレンジングや洗顔は、顔についた化粧や油などの皮脂を水で洗い流す作業ですが、その過程で一旦顔にへばりついた油を肌から引き剥がさなければなりません。水では油のヨゴレを浮かすことは出来ないため、クレンジングオイルでメイクを絡め取って浮かせています。

でも、それだけじゃ油のままなので顔に引っ付いたまま、水で流せませんよね。そこで乳化が必要になるんです。皮脂や化粧よごれは、水と混ざって流れやすくなった乳化の状態になってはじめて、洗い流すことが出来るようになります。

【浮かせる→落とす】を意識してクレンジングと洗顔をすることが正しいスキンケアのコツですよ。

クレンジングオイル使用の注意点まとめ

  • 強く顔にこすりつけて洗わない
  • オイルをメイクになじませたら乳化させて落とす

絶対に避けるべきなのは「クレンジングオイル」を洗顔料のようにこすりつけてつかうこと
オイルはクレンジング力が高いので、少しでも力が入ると肌に必要な皮脂まで持っていかれてしまいます。必要な皮脂がないとうるおいを閉じ込めておくことができず、乾燥したりくすみ・しわなどの原因となることも考えられます。

オイルはすべりが良いので無意識のうちに指先に力が入りがちなので、意識して優しくクレンジングするようにしてくださいね。「洗う」というより「なじませメイクを浮かす」ことを目標にクレンジングすると優しくできますよ。

公開日:

ページのトップへ