脂性肌におすすめの【クレンジングオイル】
REクリア
REクリア
確かな洗浄力と抗配合の美容成分で美肌に導く。W洗顔不要で手軽にクレンジングが可。
公式サイトはこちら
トリートメント クレンジング オイル
トリートメント クレンジング オイル
82%が美容液成分クレンジングオイル。マスカラなど落ちにくいメイクにもアプローチ。
公式サイトはこちら
ミスパリ
ブランクロマ ライト&ポリッシュ
洗浄力の高いクレイでしぶとい皮脂や汚れも除去し明るい澄んだ肌に導きます。
公式サイトはこちら

美肌は一日にしてならず!
今日から取り組むスキンケア習慣

美しい肌を作るのは一朝一夕でできることではありません。まずは衰える原因を知り、その対策をしっかりとることで健やかな肌を作り上げます。ここではその原因と、対策方法をご紹介しています。

肌が衰える原因とは

肌が衰える原因とは

肌が衰える原因は大きく4つあります。ここではその原因を説明します。

紫外線

太陽光は健康に良い、といわれていますが、お肌にとっては大きな負担となります。その原因は太陽光に含まれる「紫外線」。数分浴びただけでも肌にダメージを与えるほどで、それを数十年も浴び続けることでシワやシミ、たるみなど目に見える老化現象が現れます。
紫外線は、7~8月の正午頃に最も多くなります。夏のレジャーでの日焼けは火傷や色素沈着になりやすいので、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

酸化

細胞の酸化は「活性酵素」の働きで引き起こされます。呼吸で取り込んだ酸素の一部が変化して「活性酸素」となり、細胞を酸化させてダメージを与えます。本来は、体の免疫力を高めて風邪をひかなくしたりする必要な酵素なのですが、多くなりすぎるとお肌へダメージを与えてしまうのです。それにより真皮のコラーゲンが硬くなり、弾力性のない肌になっていきます。活性酸素が発生しやすくなる要因としては、紫外線、脂質や添加物の多い食事、ストレスなどがあります。

乾燥

肌のうるおいは、20歳ごろをピークに減少してしまいます。それは角質層にある天然の保湿成分が加齢に伴って減っていくことが原因と言われています。うるおいを失った角質層の表面が乾いてくるとはがれて隙間ができ、そこから水分が蒸発して行くのでより乾燥し硬くなりシワができやすくなります。また、乾燥の原因は、加齢以外にも紫外線などの肌ダメージや誤ったスキンケアからも引き起こされます。肌表面が油でテカっている人でも肌内部は乾燥しているインナードライの場合のあるので、乾燥を防ぐケアは多くの人に必要です。

菲薄化(ひはくか)

加齢に伴って女性ホルモンが減ることで肌細胞を作り出す力が弱まり、それにより皮膚が薄くなってしまいます。このことを皮膚の菲薄化といいます。女性ホルモンの減少は菲薄化だけでなくコラーゲン分泌量の低下や新陳代謝の低下を引き起こし、肌がたるみやすくなってきます。菲薄化の対策には、女性ホルモンを補う食生活や油分を補うスキンケアで行うことなどがあります。

今日から実践できる肌質改善メソッド

今日から実践できる肌質改善メソッド

肌質を改善するには、上記肌が衰える4つの原因を防ぐことは最低限必要なことになります。

紫外線を防ぐためには、日焼け止めや日傘で肌を太陽に直接さらさないことが重要です。UV加工のされた服もたくさん売られていますので、試してみてください。意外と盲点なのが、目から入ってくる紫外線です。皮膚に直接太陽が当たらなくても、目からの紫外線でも肌へのダメージはありますので、サングラスなどは忘れずつけておきましょう。紫外線対策は、肌の乾燥や菲薄化への対策にもなります。美肌のためにはまずは紫外線対策をしっかり行うことをおすすめします。

次に、肌の酸化を防ぐためには、生活習慣の見直しが必要です。ビタミンCをはじめとする抗酸化作用の高いものを積極的にとることや、ストレスを溜めない生活習慣に変えていきましょう。食事や睡眠だけでなく、飲酒や喫煙も肌には悪影響を与えますので、ひとつひとつ改善していきましょう。

さらに、毎日肌に直接塗るファンデーションや、それらを落とすクレンジングオイル、その他スキンケア用品にも気を使うことで肌質の改善が期待できます。当サイトではクレンジングオイルに焦点を当ててご紹介しているので、どうやって選べばいいかわからない、という方は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

公開日:

ページのトップへ