脂性肌におすすめの【クレンジングオイル】
REクリア
REクリア
確かな洗浄力と抗配合の美容成分で美肌に導く。W洗顔不要で手軽にクレンジングが可。
公式サイトはこちら
トリートメント クレンジング オイル
トリートメント クレンジング オイル
82%が美容液成分クレンジングオイル。マスカラなど落ちにくいメイクにもアプローチ。
公式サイトはこちら
ミスパリ
ブランクロマ ライト&ポリッシュ
洗浄力の高いクレイでしぶとい皮脂や汚れも除去し明るい澄んだ肌に導きます。
公式サイトはこちら

これだけは抑えたい!
肌荒れを予防する生活習慣とは

どんなにスキンケアやクレンジングに気を遣っても、生活習慣をおろそかにしていては肌のベストなコンディションは保てません。睡眠不足や暴飲暴食は肌荒れの原因につながります。ここでは肌荒れの原因と、その予防策をご紹介します。

食生活を変えて美肌になる方法

食生活を変えて美肌になる方法

肌に悪い影響を与える食べ物は、例をあげるとキリがないですが、脂肪を多く含むもの、カラダを冷やすもの、カフェインやお酒などの刺激が強いものに分けて考えることが出来ます。

脂肪を多く含むもの
ラーメン、ポテトチップス、ケーキ
皮脂の分泌が過剰になるだけでなく、「トランス脂肪酸」が肌の老化を招く。
カラダを冷やすもの
アイスクリーム、ジュース
内臓が冷やされると、血行が悪くなり、便秘にもなりやすい。便秘は肌荒れの大敵。
カフェインやお酒
コーヒー、紅茶、酒類全般
少量であれば問題ないですが、一日2杯以上コーヒーや酒を飲む人は見直したほうがいいかもしれません。ビタミンCをはじめとする美肌に欠かせない成分を大量に消費してしまうため、間接的に肌には悪影響を与えてしまいます。

これらは、みんな大好きなものが多いので、完全に食べないとなると修行僧のような食事しかできないかもしれません。そんな食生活がストレスになるようだと、それもまた肌荒れの原因につながるので、適度な量と食べる時間を決めることをオススメします。

まず、上記のような油っぽい食べ物は、夜に食べるのは控えてください。胃が処理しきれず肌にニキビや皮脂として出てしまうことにつながります。どうしても我慢ができない場合はお昼の14~15時ごろ。おやつの時間帯ですね。この時間帯は栄養を溜め込みにくいので、油っぽいものも影響が出にくいと考えられています。もちろん食べすぎは禁物です!

次は、肌にいい食べ物をご紹介します。”肌にいい”と言ってもざっくりしすぎですので、治したい肌トラブル別に解説していきたいと思います。

ニキビに効く食べ物
アーモンド、納豆、マグロ、卵
肌のターンオーバーを正常に保つのに欠かせない、ビタミンB群を含む食材です。
シミに効く食べ物
トマト、にんじん、玄米、ブロッコリー
抗酸化作用のある食べ物を積極的にとる必要があります。
シワに効く食べ物
豆乳、ツナ、ほうれん草、レバー
肌を作る源となる、タンパク質やビタミンC、鉄分を含む食材です。
乾燥に効く食べ物
軟骨、フカヒレ、鍋物
保湿を助ける成分のヒアルロン酸を含む食材やカラダを温める食材です。
テカリを抑える食べ物
豚ヒレ、赤パプリカ、バナナ、いちご
脂肪と糖質を控え、ビタミンB群を中心にバランス良くとっていきましょう。

上記のような食事を、毎日バランス良く食べていくことで、美肌は作られていきます。
なにかコレだけを食べていれば美肌になるという魔法のような食材は、まずありません。様々な栄養がバランス良く組み合わさっていくことで、肌の状態は美しく生まれ変わっていきます。自分の肌や健康状態に気をつけて、その時々に合った食材をしっかり補給してあげましょう。

質の良い睡眠で美肌になる

質の良い睡眠で美肌になる

不規則な生活リズムも肌荒れを促進する悪い習慣です。その不規則なリズムをつくる原因の多くは「睡眠」です。お肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時は肌再生を促す成長ホルモンが分泌されるので、その時間帯に寝ていないのはもったいないです。

でも、そうは言っても仕事や用事でなかなか寝られない日もあるかと思います。そういう時は、睡眠の質を上げるようにしてください。
睡眠は、90分の倍数で眠りが浅くなると言われています。睡眠時間は6~7時間がベストですが、確保できない場合は、この90分の倍数で目覚めるように調整してみてはいかがでしょうか。1.5時間、3時間、4.5時間、6時間といった具合に、せめてその時間だけは確保して目覚めると、すっきり起きられます。

また、眠る時は真っ暗・無音よりは、薄明かりとヒーリング音楽が良いと言われています。自分がリラックスできる環境を整備して、質のいい睡眠をとりましょう。

運動で健康も美も手に入れる

運動で健康も美も手に入れる

程度な運動が、カラダに良いことはみなさんご存知かと思いますが、肌にも良いということはご存知でしょうか?
食事や睡眠には気をつけられていても、運動は出来ていないという人も多いかと思います。でも、なんで運動が肌にいいのでしょうか?

一日中、空調の効いた室内にいると、肌の体温調節機能は鈍って、毛穴の開け閉めが効かなくなってしまいます。普段から汗をかいていない人は、そうでない人よりも運動後の汗の量が少ないですよね。
新陳代謝が悪くなっているため、急には汗をかけない状態まで鈍ってしまっているのです。そうなると、肌は乾燥しやすくなり、毛穴は詰まりやすくなってしまいます。肌のターンオーバーを正常に保つためにも、運動は欠かせない条件です。

面倒でも、普段からカラダを動かす習慣をつけておきましょう。出来れば20分以上の有酸素運動の後に、筋トレなどの無酸素運動を取り入れると、効率的に鍛えることができます。3日坊主にならないように、根気強く続けて習慣にしていきましょう。

公開日:

ページのトップへ