脂性肌におすすめの【クレンジングオイル】
REクリア
REクリア
確かな洗浄力と抗配合の美容成分で美肌に導く。W洗顔不要で手軽にクレンジングが可。
公式サイトはこちら
トリートメント クレンジング オイル
トリートメント クレンジング オイル
82%が美容液成分クレンジングオイル。マスカラなど落ちにくいメイクにもアプローチ。
公式サイトはこちら
ミスパリ
ブランクロマ ライト&ポリッシュ
洗浄力の高いクレイでしぶとい皮脂や汚れも除去し明るい澄んだ肌に導きます。
公式サイトはこちら

肌荒れと老化を防ぐスキンケアのポイントとは

肌荒れと老化スキンケアで防ぐ上で大事なのは「保湿」と「抗酸化」。そのぐらい知ってるよ、と思われるかもしれませんが、その知識は本当に正しいのでしょうか?ここでは保湿と抗酸化について詳しく説明します。

保湿

保湿

スキンケアと聞いてまず思い浮かぶのが「保湿」だと思います。ここでは改めてその重要性と、見落としがちな保湿ケアを説明します。

当サイトを見つけてくれたあなたなら、20歳を過ぎて「お肌の曲がり角」を経験したのではないでしょうか。化粧ノリが悪くなったり肌のハリつやがなくなったり、ちょっとショックですよね(笑)。その原因のひとつとして「肌の乾燥」があげられます。肌から水分が減ることで肌が硬くなり、シワができやすくなります。

乾燥するのだから対策は「保湿」。わかりやすいですね。気にしている方は美容液やクリームなどは使っていると思いますが、化粧やクレンジングオイルにも気を遣えていますか?特に大事なのはクレンジングオイル。化粧や皮脂の汚れを落としてくれますが、必要な皮脂まで落としてしまうとお肌の潤いを閉じ込めておけず、肌を乾燥させる原因となります。安いものの中にはクレンジング力だけが高くて肌へのダメージへの配慮が少ないものもあるので、「クレンジングオイルの選び方」を参考に自分に合ったクレンジングオイルを見つけてくださいね。

抗酸化

抗酸化

保湿はできている、という方も見落としがちなのが「抗酸化」対策。聞いたことはあるけど具体的に何をすればいいのかわからない方も多いと思います。ここではその仕組みと対策方法を説明します。

まず、酸化をイメージしやすくするには、切ったリンゴを思い浮かべてください。少し放置しておくだけで茶色く変色しますよね?あの現象を酸化といいますが、同じようなことがあなたの体にも起こっています。呼吸によって取り込んだ酸素の一部が変化して「活性酸素」になり、細胞を酸化させてダメージを与えます。そのダメージが蓄積することで真皮のコラーゲンが硬化し、弾力性のない肌になっていってしまいます。

その酸化現象を防ぐのが「抗酸化」。肌の酸化を防ぐことで弾力のない肌になることを防ぎます。美容液や化粧、クレンジングオイルに含まれていれば問題ないですが、もしなければちょっとまずいかもしれません。抗酸化成分はたくさんありますが、その一部としてアスタキサンチンコエンザイムQ10リコピン米ぬか油アルガンオイルなどがあげられます。一度お使いの美容液やクレンジングオイルに含まれているか確認してみることをオススメします。

公開日:

ページのトップへ